ぎっくり腰と寝違え

2018年03月30日

こんな症状があるとぎっくり腰とゆわれます。
・腰が痛くて椅子から立ち上がれない。
・寝返りがベットから起き上がり時に腰が痛くて苦労する
・息をするだけで肋骨が痛む。
・朝、前かがみで顔を洗う時に腰が痛む。
・腰が痛くて歩けない。
こんな症状があると寝違えとゆわれます。
・朝起きたらすごく首がいたかった
・朝起きたら痛くて起き上がるのがしんどかった。
・痛くて上や下が向けない。
・少しでも動くと首がズキンとくる。

当院にこんなかたがこられています。
・とにかく痛みなくうごけるようにしてほしい。
・今日中になんとかしてほしい。
・今晩ぐっすりねれるように、痛みをとってほしい。
・年に一度ギックリ腰をおこしてしまうのでなんとかしてほしい。
・身体に負担を掛けずに治してほしい。

寝返りができない身体のいたみは、原因は下の方の肋骨第11.第12肋椎関節にあります。
ひねりが、下の方に掛かっているので、下肋骨のAKA治療が効果的です。

寝違えの痛み。
原因は上の方の肋骨の関節第1.第二2関節に原因があります。
首の動きは上位肋骨の負担が掛かっているため、上位の肋骨のAKA治療が効果的です。急性期のぎっくり腰や寝違えの原因は関節に対するAKA治療で十分適応させていただきます。
症状が落ち着くまで月に1~2回、症状が改善してから1~3か月に1回の治療をお勧めします。